セシリア todat

今回の記事は、やっと銃士完成の目処がたったので、銃士デッキでどの銃士を優先して採用すべきかです。
現在居る10種の銃士を評価していきます。

内容は続きからどうぞ。






それじゃ、G3から行きます。

セシリア todat

まずはイケメンなことに定評のあるセシリア嬢。
銃士はこれをVに置かないと始まりません。
一つ目の効果も二つ目の効果も優秀で、展開補助と盤面安定というヴァンガードにおいて重要な効果を低コストで使えます。
欠点はやはりパワー不足。
10000なので、カローラを後ろに置かないと18000ライン作れない上、防御面でもやはり10000が足を引っ張ります。
だから速攻気味に構築した方が強いんですよね、長期戦になればなるほど上記のデメリットが響く可能性が高くなるので。

黒百合の銃士_ヘルマン

お次はセシリア嬢の相方、そのイケメンっぷりに定評のあるヘルマン卿です。
なんかこのルックス、サンホラの冬の子に似てるよね。
で、性能ですが、ぶっちゃけ微妙です。
確かにこの鮫互換というのは優秀なのですが、火力不足でスタンドトリガーを積んでる関係上やはりエクス効果の方が欲しく……
その火力自体も、アウグストが場に出やす過ぎてちょっと目立たない印象。
そらアルボロスに変える人も居るわなぁ……

アウグスト

今日のカードではぶられ中なアウグストさん。
けれども銃士デッキでは非常に重要な役割を担ってます。
その役割とは前衛の主力というもの。
正直前衛はこいつ二体でいいです、スタンドとも相性がいいし、銃士のギミックを使えば結構並べやすいです。
セシリアで墓地のを回収する場合も彼を優先して回収しておくといいでしょう。
このカードは4枚投入確定札です。

鈴蘭の銃士_カイヴァント鈴蘭の銃士_レベッカ

お次はカイヴァント&レベッカ。
カイヴァントはライド時にFVのキーラをアタッカーに変える動きが強いです。
出せるタイミングの関係上、G1のレベッカより使いやすいですが、やはりパワー9000がネック。
まぁ、使いやすいカードだし、G2枠は余裕あるんでこれも4枚安定カードでしょうね。
銃士効果使った時にアタッカーを出せる確率を少しでも上げるためにもね。
レベッカは少し使い勝手悪いです、7000ブーストなので最低限の仕事はしますが、カローラ、ルース、ミーナ、ブロッサムレインとG1は激戦区……
それでも少しでも安定させるために、できるだけ採用したいところです。


チューリップの銃士_アルミラチューリップの銃士_ミーナ

アルミラとミーナは自爆系ユニット。
銃士では、ダメージにセシリアが二枚いってしまうと非常に動きづらくなるため、ダメージのセシリアを戻せるこのギミックは重要です。
パワーの低さも他のカードに変えれば気にならないので、使い勝手は優秀です。
暇な時はトリガーでも戻しておくといいでしょう。
アルミラよりも、ミーナの方が何かと小回り効くので使いやすいです。
G2をG1に変えるより、G1をG2、G3、ルースに変える方が確率高いですからね、盤面整えやすいです。

睡蓮の銃士_ルース

お次は銃士のキーカードルースさん。
序盤から殴れて、銃士効果で出てきた時前衛も後衛もこなせる万能っぷりは本当に優秀です。
スペースに余裕があるなら是非とも4積みしたいカードですが、枠が……
他に目立った弱点も無いので可能な限り積みたいところです。
13000を諦めるならカローラ抜いてもいいんですけどね。
優先度はレベッカより高いです。
ルースルースラインで17000作れるの便利です。

キーラ

残りはトリガーとこの子なので、この子が評価のラストですかね。
トリガーは全部4積み安定なんで。
で、キーラですが、以前の記事にも書いた通り複数枚数投入推奨FVです。
やはり小回りがきくのと、防御力アップは嬉しいところ。
トリガーではない10000ガードなので、セシリアで戻しやすいですしね。


こんなところでしょうか。
総評としては、
G3
セシリア>ヘルマン
G2
アウグスト>カイヴァント>アルミラ
G1
ルース>レベッカ>ミーナ
こんな感じですね、優先順位は。
特にセシリア、アウグスト、ルースは4積み可能ならしておきたいですね。


銃士は結構デッキの自由度が高いので、色々な型があるみたいです。
G3にアルボロスを数枚さして切り札にする人から、G3セシリアだけにする人まで。
やはりデッキ構築考える余地があるデッキは楽しいですね。