せっかく封竜解放来たので、一個デッキ紹介をば。

今回は、安さに定評のあるたちかぜの中でも、かなり安いバトルレックスを軸にしたデッキです。



まずはデッキレシピから。

G3
バトルレックス4
サベイジ・ハンター4
G2
メガレックス4
クリオロフォール4
サベイジ・アーチャー2
G2
ソニックノア4
アークバード4
サベイジ・イルミネーター3
スカイプテラ4
G0
FV ベビープテラ
クリ8ドロ4ヒール4



さて、まずはキーカードの紹介から。



ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
たちかぜ - ディノドラゴン パワー10000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージゾーンが4枚以上で有効):このユニットのドライブチェックでグレード3の《たちかぜ》がでた時、あなたのリアガードを1枚選び、退却させ、そのバトル中、このユニットのパワー+10000。
【自】【(V)】:このユニットが《たちかぜ》に【ブースト】された時、そのバトル中、このユニットのパワー+3000。

ブリジットさんのようなG3がめくれた時にパンプされるユニットです。
見るべきはその+数値、トリガー二枚分に相当する+10000により、とんでもない爆発力を秘めたカードです。

ソニックノアでブーストしたと仮定するとパワーは21000、この状態でトリガーチェックでのパワー変動は、

21000 = トリガーもG3も出なかったパターン

26000 = トリガー一枚出たパターン

31000 = G3一枚かトリガーダブルが出たパターン

36000 = G3一枚とトリガー一枚出たパターン

41000 = G3二枚出たパターン


この五通りがあります。
このダメージの振れ幅がかなり厄介で、常に貫通を怯えた完全ガードをするには、11000Vの場合35000ガードが必要になってきます。
だからと言って下手に30000ガードなんてしてしまうと、貫通される可能性もあるし……って感じで相手に無駄なガードを使わせるのが基本です。
当然、無理に貫通狙う選択肢もありますし、10000Vって事にさえ目を瞑れば強力なカードと言えます。



で、サブVには、



ディグニ互換のサベイジハンターを採用。
他のクランでは採用するスペースが厳しいこの互換ですが、たちかぜのG3は層が薄いので充分採用できるカードですね。
この体の角度にデジャヴ感がありますが、多分気のせい。



で、ディグニ互換を採用するということは、その相方であるちゃーじがる互換の彼女も採用します。
たちかぜには珍しいかわいい系のカードで、鉄拳のジュリアっぽい感じの太もも美人さんですね。
先ほどのハンターとセットで、CB1で21000をRで出せるようになるので、R火力が不足気味なたちかぜにはぴったりなカードです。
CBの消費先も無いですし、残りのG2は全部10000以上の火力が出せるのでラインの心配もありません。



Vでプレッシャーをかけて行き、Rで安定して高打点で殴れれば勝てるんじゃないですかね。
値段で見ても完全ガード以外は50円以下で何とかなるだろうし、かなり安く組めるのが魅力的です。
下手したら2000円切るんじゃないでしょうか。
値段的にも封竜解放では一番のオススメデッキです。