前の記事で書いた通り、ルキエデッキが安定して回るようになって来ました。
その割には、巷で言うような強い強いってことはあまり感じず、ぶっちゃけ負け越しています。
けれども、実際にルキエデッキがふぁてくろCSでも結果を残しています。
これはなぜなのかっていう話です。



で、今回目をつけたのが、かつて環境一位で、現在は撃退者、LJと三つ巴の戦いを繰り広げている抹消者です。
今のVGにおいて、非常に遭遇する確率の高いクランですね。

まずは、例のふぁてくろCSで結果を残した抹消者のレシピを見てみます。

2 x 抹消者 ドラゴニック・ディセンダント
2 x 抹消者 ボーイングソード・ドラゴン
4 x 抹消者 ガントレッドバスター・ドラゴン

3 x 抹消者 スパークレイン・ドラゴン
4 x 妖剣の抹消者 チョウオウ
4 x ドラゴニック・デスサイズ

4 x 抹消者ワイバーンガード ガルド
4 x 抹消者 デモリッション・ドラゴン
2 x 送り火の抹消者 カストル
4 x ライジング・フェニックス

1 x スパークキッド・ドラグーン
4 x 抹消者 イエロージェム・カーバンクル
4 x 抹消者 ドラゴンメイジ
4 x 神槍の抹消者 ポルックス
4 x 蠱毒の抹消者 セイオウボ



コレです。
ライジングフェニックスを4枚積み、ダメージレースよりもアドバンテージを重視。
V裏にカードを置かず、相手に10000ガードを使わせると言った、普段はあまり目にしない動きをするらしいです。
こんな感じの抹消者が多分今の主流なんでしょう。

そしてこれがペイルが結果残した理由の一つだと思います。
つまり、13000に対する意識の薄さですね。
このレシピを見たら分かる通り、ライジングフェニックスを二体場に並べるのが目標となってるようです。
つまりそのラインは、18000を作れないということ。
もう一つのラインの裏はおそらくデモリッションかカストルになると思われますが、その前にはチョウオウやらデスサイズを置きたいはず。
つまり、普段の動きでは13000に対応出来ないのです。
V裏置かず殴りも、V裏ライフェ殴りも13000相手じゃ厳しいですし。

更に、チョウオウが4枚採用されています。
まぁ、それも当然でCBを使わずに焼きながらガンバスのLBを起動出来るのは優秀です。
ただ、個人的にはそこ結構穴になってる気がするんですよね。
上手い人ならそんなことないんでしょうけど、出来ればLB時に効果を使いたいってのが頭にあるからか、G2ターンに展開しきれない場面が多いです、デスサイズもそうですけど。
そのため、序盤のアタック回数が不利になりやすく、速攻能力がそれなりにある銀の茨との相性も結構不利な印象。

極めつけは、その主力である焼きが、ルキエさん達のお陰でペイルに効きづらいって点ですね。
ルキエで1コスでアドが取れる以上、2コスの焼き連打もそこまで効果はないです。



とまぁ、かるーく書きましたが、ぶっちゃけて言うと、今の抹消ってペイルに相性悪すぎだよね、そりゃ上手い人なら対応出来るだろうけど、抹消者使いこなせてない人とかだと、相性差でペイルに負けるわ。
で、抹消に有利付くペイルが結果残すっと。
多分撃退者も、ドリンとブラダーのライン作りたい癖にそのラインが16000しか出せず、18000作るにはG3かマスカレードに頼らないといけないんだから、13000出せればものすごい有利に。
これも相性有利だと思うんですよね、焼き耐性も相まって。
で、この2つに相性有利なら結果残せるのも当然だと思います。

で、意外とこういうガチクラン以外の方が余裕で18000作ってきたりして、そういうデッキ相手に私のペイルがボコられてるのです。
ここ最近負けまくってるのだって、抹消撃退と一回もやってないからだしね。
3点止め余裕で、18000も普通に使えるデッキ相手だと普通に不利だと思います。
3点止めは相手も無理してるとはいえ、R潰しされながらLB封じられて展開出来ず、V31000クリ+1で殴られ続けたらそりゃ負けますわ。



ってなわけで、私の中ではルキエデッキ強い強い!!って言ってる人は抹消撃退と戦いまくってる人だと思ってます。
こっちは主に戦う相手が抹消持ってないんで、そこで勝利数稼げないんだよぉ……
自動的にメタってるんだから、そりゃ勝てるわー。
以上、私がペイル勝てない言い訳でした。