レオパルド



レオパルドЯが判明したので、ちょくちょくvaultで回して見たので、そろそろデッキレシピを晒します。
焼きに弱い気がしたのですが、抹消者やLJ相手にもそこまで勝率悪くなかったり……



レシピ
G3
レオパルドЯ4
シャノアール4
G2
ランプキャメル4
バイナキュラス・タイガー4
はむすけ4
G1
ケーブルシープ4
タンクマウス4
ダックビル3
ぽんきち2
G0
ドングリマスター
クリ1スタンド8ドロー3ヒール4


LB時にレオパルドЯでパンプし、超火力のスタンドで決めるデッキです。
シャノアールのBR時は、スタンドトリガーがドロートリガーの上位のような動きができる上、31000スタンドやまれに40000を超えたスタンドも起こり、相手が5ダメならかなりえぐい火力で殴れます。
ブースターが居なくても、レオパルドЯの効果で呪縛すれば、ブースターの役割が持てるので、G1は削り気味の13枚です。



キーカードは、こいつタンク・マウスさん。
獣王爆進発売当時は、ブーストする機会捨ててパンプするとかwwwのような扱いでしたが、レオパルドЯの登場で世界が変わりました。
レオパルドЯのロック対象にすることにより、ダクイレのイエローボルトのように、使えます。
これにより、パンプ回数が一回増えるので、かなり小回りが効き、超火力スタンドに貢献してくれます。
ぶっちゃけ神のカードです、こいつを裏に何体置けるかで、火力がかなり変わってくるので、4積み確定枠だと思ってます。



お次はこいつランプ・キャメル、対戦した相手曰く、最強のキララ互換
3回パンプで21000で殴れる上、スタンドもあるので相手からしたらかなり面倒なプレッシャーカード。
CBが結構重い問題も、このデッキだとシズク互換とはむすけ以外にCBを使わないため、全く問題無く使えます。
30000オーバーのこいつがスタンドはホントするのはホント強いです。





レオパルドЯのロックの形
レオパルドЯのロックは、一回使うだけだと、そこまで美味しくないですが、複数回使うことで、非常に強力な動きができるようになります。
とりあえず、一回~三回のロック&パンプパターンを見てみましょう。

R裏一体呪縛
クリティカル型なら、この形が無難でしょう。
R裏パンプからの、V裏+呪縛していない列の前Rパンプ。
これで、11000、21000、21000のラインが可能になり、それなりの火力で殴れます。
問題は、わざわざグレネイでこのラインを狙うべきか否かですね、ぶっちゃけ他のクランでもこのラインの呪縛無しパターンができるので、わざわざ狙ってクリティカル型にする価値は個人的にはあんまりないです。
まぁ、状況次第で狙うのなら普通に有りです。

R裏二体呪縛
これが基本形。
R裏二体呪縛からの、両前R8000パンプ。
つまり、両方のRをバニラでブーストしたのと同じで、前衛がはむすけでも16000ラインが完成可能です。
更に、呪縛札にタンクマウスを選べれば、更に4000パンプで前衛が12000パンプにより9000組が21000出せます。
これにより、21000R、18000Vの順で殴れるのでスタンドウマー状態に持ち込めます。
この構えが優秀なので、タンクマウス以外のブースターは、V裏にしか要りません。
結構、G3出して呪縛することも多いです。

R裏三体呪縛
BRor相手5点目の時の基本形。
Vラインが貧弱になるものの、Rを12000パンプ可能で、9000アタッカーなら21000。
G3が前衛に居るなら、タンクマウスやBRを絡めると、31000まで見えてきます。
相手が5点なら、スタンドトリガーの関係上、Vラインを捨ててでも、この形にした方が強い場面が多く、決めに行くならこっち。
BR時も、Vが単体21000出せるため、この形でRRVアタックでスタンドトリガーを狙っていけます。
ちなみに、Vが単騎で殴るため、10000ガードで大体の場面で2枚貫通になってしまうのですが、RRVアタックの場合、スタンドトリガー以外がめくれた場合は、V乗せ安定なので、貫通も結構狙えたり……
それ怯えて、15000ガードしてくれたらハンド一枚得ですしねー。



とりあえず軽く書くとこんな感じ。
基本的には、状況に合わせて綺麗にパンプを調整してくといいです。
この辺は大学クランのグレネイらしい感じ?
これらの動きに、ダックビルやはむすけで手札を補充することで、結構粘り強いクランだと思います。


素レオパルドですが、個人的には無しだと思ってます。
弱くは全くないのですが、シャノワールとレオパルドЯが強すぎて、後からソウルに入れられない素レオパルドを積む必要性が……
一応、BR失敗時のシャノワールの場合、ほとんどの札が機能停止してしまうので、それよりは強いとは思うのですが、シャノワールのBRがえげつない強さなので、こっちの方がいいと思います。
クリティカル枚数は調整で、とりあえずスタンドを可能な限り積みたいのでドロトリの枠を削って一枚採用。
これで、相手が警戒してくれたらちょっぴり嬉しいですし、上手く決まれば当然美味しい。
そのため、手札に来た場合は優先的にガードに使いましょう。
新しいスタンドトリガーが来たら、スタンド12も充分有りだと思います。


クリティカルが少ない関係上、一気に相手にダメージを与えることは苦手ですが、1点を取る力が全クランでも最上位だと思うので、1点ずつ確実にとっていけば相手は死にます。
スタンド型の弱点に、先にR殴った時のダメトリ等がありますが、たかだか5000パンプで、31000の連続攻撃は止まりません、でもヒールだけは簡便な。
感じとしては、連続攻撃力がちょっと下がった代わりに、毎ターンできるスパイクのような感じです。
シャノワールのリカバリー力もあるので、充分上位クランも狩れる性能だと思います。
アド札が少ないことによる、焼き、呪縛耐性の低さですが、パンプのお陰で大体のカードがアタッカーやブースターとして機能するので、そこまで言うほどきつくはないです。
ただ、あくまでLBしてから一気に暴れるデッキなので、ダメージ調整されるとちょっと厳しい印象。


結構面白い動きができる上、全体的にカードの値段も安そうなので、サブデッキを組みたい中級者以上の方にはオススメです。
初心者だと、パンプ計算とかがちょっとやりづらいのできついかも……