新たなBRライドが相性がよく、安定感が跳ね上がった(勝てるとは言っていない)アルボロスデッキの紹介です。
出た当初は普通に強かったアルボロスさんですが、最近のカードパワーのインフレに完全においてかれつつあります。
でもまぁ、焼きクラン以外相手ならギリ戦えるんじゃないかなーって思ったり。


20131205205458c26


深翠の主 マスター・ウィステリア
ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ネオネクタール - バイオロイド パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):[【カウンターブラスト】(1)] 《ネオネクタール》がこのユニットにライドした時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの《ネオネクタール》のリアガードを2枚まで選び、あなたの山札からそのユニットと同名のカードをそれぞれ1枚まで探し、別々の(R)にコールし、その山札をシャッフルし、あなたのヴァンガードを1枚選び、そのターン中、パワー+10000。
【自】【(V)】:このユニットが《ネオネクタール》に【ブースト】された時、そのバトル中、このユニットのパワー+2000。
【永】【(V)/(R)】:盟主(共通するクランがないあなたのユニットがいるとアタックできない)


相性のよいBRがこちら。
同じ名前が並べば強くなるアルボロスにおいて、味方を増殖させる効果は相性がとてもいいですね。
他のネオネクG3がことごとく展開補助も効果持ちなので、被ってしまうこいつが相性が微妙なので、組むならアルボロスかなーって感じ。
CB使うところも、アルボロスCB全く使わない省エネなんで問題なし。
あくまで妥協ライド先ですけどね、連携失敗した時用。

jpg large

構築がこちら

G3
アルボロス 4
ウィステリア 4
G2
アルボロス 4
パイナッポー 4
ブルーム 3
G1
アルボロス 4
ブロッサムレイン 4
木漏れ日の貴婦人 3
ストーン 3
G0
FV アルボロス
クリ8ドロー4ヒール4


メイデン軸とあんまり変わらないですが、結局名称指定居ないとグッドスタッフ面子が集まってしまうのです。
基本的には、アルボロス連携で後ろに同じG1×3を用意して、パイナッポーorウィステリアで21000狙う形。
連携失敗したなら、ウィステリアからのBRで面子を揃えましょう。

このデッキを使う時のポイントですが、ザラキとか聖域とかの単語は耳に入れないようにしましょう、何か泣けてきます。
それさえ防げればうまく回れば全ライン21000で相手を押しつぶせます!!




ああ、うん、流石に無理がありますね。
上位クランのカオブレ抹消かげろうに弱いってのが結構アレ。
だからと言って他のクランにも殺意で負けてるんで、厳しい……
前回のメイデン軸もそうですが、時代の流れを感じますねー。
やはりネオネクは銃士で行くしか無いのか……
銃士はエルンストとかいうぶっ壊れカードのお陰で結構強化されたし……G3銃士なんてなかった。




    mixiチェック

トラックバック