堺CSが無事終わった(色んな意味で)ので、あんな宝石騎士なんてネタデッキはやめて、いつもの銃士でショップ大会に突撃。
自分以外の全参加者がVスタンドデッキを使ってるのに怯えつつ、いつものショップ大会です。
人数ちょっと少なかった気がするけど。





jpg large


一回戦 VSドントレかげろう
相手ドミネイトストレートライド。
ストレートのドミネイトはそこまで怖くない上、相手はカラミティタワー引けない病にかかっていたので、速攻でハンド切らしてパンチ回数で勝って勝利。


二回戦 VSトランステトラアクフォ
堺CSでも私を苦しめたアクフォがお相手。
こっちが速攻でG2 3パン当てると相手がダメドロー✕2。
その後ヒール等を絡められ、BRテトラでひゃほーいして来たものの、なんとか凌ぎ切って相手ハンド5000✕2、5点でこっちのターンという絶好のチャンスが到来。
こっちの一発目のアタックは通してくるの確定だったので、Rから殴り、6点目ヒール成功されて、Vがトリガーめくれず。
結局凌ぎ切られてテトラで死亡。


三回戦 VSブラウ
苦手な苦手なブラウがお相手。
幸い銃士はLB関係無いデッキなので、さっさと相手にLBさせて、攻撃全部止め続けることに成功。
こっちは当然のように3パンしてくことが出来、相手が前列揃うのが遅かったこともあっ攻め切れました。
2ラインになるだけで、ブラウはかなり戦いやすくなりますね。
ブースト無し状態も、インターセプトやりやすい銃士なら防ぎやすいですし。


四回戦 VSドントレヌーベル
相手がピン差しのドミネイトに乗ってしまうライド事故。
こっちはいつものごとくG2からじゃんじゃん3パンしてって、相手の攻撃は序盤から積極的にガード。
全力でダメージ差を広げて、ヌーベルの13000にちょっと手こずるも攻めきって勝利。


で、三勝一敗だけど、負けたアクフォが階段だったから順位的には微妙でした。
負けた試合も6点目ヒールからの逆転だし、全体的に調子は良かったです、全試合セシリアライドだし。
銃士はLBに依存しないクランなので、序盤からガンガンガードしても問題無いのが強いですね。
最近はLBやらBRやらでものすごいスピードで殺しにくるクランばっかなので、序盤に止めれるなら全力でとめていき、相手の終盤のぶっぱをできるだけノーガードしていくって思考。
ダメージレースでの勝利って大切です。


来週からは新弾環境。
ルキエが思ったより高かったので、ちょっと困ってます。
前回の戦犯の宝石騎士を売った金で、ヴィーナスルキエを買うって手もありますが……
とりあえずはちょっと安くなるまで待ちですかねー。
来週も多分銃士で出ます、安心感凄いんで。









トラックバック